TOPページ
Wha't New
■体温が下がる事によって、身体にはいったい何が起きてくるのか?
※36.5℃--健康体。

※36℃--震えにより熱産性を増加させようと体が働く。
※35.5℃--恒常的に続くと自律神経失調症状が出現。
※35℃--ガン細胞が最も増殖する温度。
※34℃--おぼれた人を救出後、生命回復ができるギリギリの体温。
※33℃--冬山で遭難し、幻覚が出てくる体温。

湯や半身浴も長時間してもなかなか深部まで温まりませんからね。

こりは、首から肩にかけての筋肉への血行不良が起因。
体の「冷え」や運動不足、肩や腕、背中の筋肉の鍛錬不足によって起こります。

痛や腹痛は、重要な病気が隠されていることがあり、その場合は治療が先決ですが、
明らかな病気がない場合の頭痛・腹痛は、やはり「冷え」と「水分」が原因です。

痢は、明らかな基礎疾患がない下痢の原因は、ほとんどの場合「冷え」「水分の摂りすぎ」です。
冷えると体内の水分を捨てて、体を温めるようなメカニズムが働くのです。

眠症の人は、ほとんどが「冷え性」です。
人間が心地よい眠りにつく時は、スーッと体温が低くなっていくものですが、
「冷え性」の人は始めから低いので、この体温の低下が起きないので眠れないのです。
眠るにもある程度の体温が必要ということになります。

胃や十二指腸の病気(胃炎や胃潰瘍等)は、「冷え性」の人に特徴的な病気です。
胃粘膜や十二指腸粘膜も血行が悪く「冷え」ています。

風邪は、英語でC0LD(冷え)というくらい「冷え」が原因の症状です。
胆石は、お腹が冷えると胆汁の成分が固まって、胆石ができやすくなります。

ガンは、低体温の人に多く発症するように、体の「冷え」が招く病気です。
体の中の「冷え」ているところにガン細胞は発生し、増殖します。

うつ病や自律神経失調症をはじめ、精神的に不調の人は、
ほぼ例外なく36.5度に満たない「低体温」です。
特に体温の低い午前中は、種々の症状がひどい傾向にあります。

便秘の人は、「冷え性」が多いです。
冷え性の人は胃腸も「冷え」ているため、腸本来の仕事が出来なくて便秘になりがちなのです。

不調や病気を抱えた人、 女性の最大の関心事である 肌荒れや疲れ顔、
加齢に伴う老化を感じている人、
何かにつけイライラする人、 集中できない受験生など・・・の身体は「冷え」ています。
 

ガンは、低体温の人に多く発症するように、体の「冷え」が招く病気です。
・・・・体質改善で早期改善を

施術は、健康チェックを行い、 それにより治療の方向を決めさせていただきます。
 
*但し、時間の都合で出来ない場合は時間のあるときに行います。

 また改善に必要な、日常生活の注意事項 (姿勢、生活習慣、体操、ストレス管理等)を
 症状に応じて説明させていただきます。

1.カウンセリング 2.体験前の健康チェック 3.デトックス・ゲルマ温浴
(20分間)
現在の体調などをカワンセリングシートに基づいてお聞きします。 内臓の状態が一目でわかる優れもので瞬時に健康度のチェックしてくれます。 新陳代謝が活性化することで大量に発汗、体脂肪が燃焼しカロリー消費出来ます。
4.内臓アタタメ体験中 5.EMSで痩身・体験中 6.アルファー21
  
20分)
    
20分)
   (30分)
カラダの深部まで温めることが出来る唯一の治療法です。
体内温度を3〜4℃も上昇させます。

EMSで筋肉トレーニング中・・・・・
寝ながら筋肉トレーニング
プロも使っている優れもの。

アルフアー21は最強のダイエットマシンですリラックス・タイムで痩身を体感してください。


カイロ施術コース

施術は、機能障害、痛み具合等により確認を行い、 それにより治療の方向を決めさせていただきます。
 
また、改善に必要な期間は症状等により違いますのでお答えできない場合もございます、ご了承下さい

1.受付・カルテ作成 2.問診・視診 3.検査・原因解明
      
現在の体調など詳しくお聞きします 骨格模型にて説明します 外科テストにて判断します
4.施術 5.動きの回復は・・・   6効果の確認
      
      歪みの確認         機能の確認 1      機能の確認 2